レ点腫瘍学ノート

2019-05-23

疫学

Top > 胃癌 > 疫学

ヘリコバクター・ピロリ感染の減少

感染率は1950年代は20代でも80%
2010年には50代で30%、2030年には10%と予測される。

そのほかに、50-60代の喫煙率が40%(2016年)と低下している

塩分過剰摂取の影響も言われているが、塩分摂取の多かった東北では減塩介入によって脳血管障害が減って寿命が延びた分、胃癌を含む悪性腫瘍死亡数は増えた。

除菌による胃癌リスク低下

アジアを含む6研究のシステマティックレビュー
除菌により相対リスク0.66

早期胃癌内視鏡治療後の二次胃癌抑制
HR 0.32

除菌後のバレット食道癌が増えないか?

食道癌の組織分類では以前はSCCの95%であったが今は90%で、腺癌が増加傾向にある。

胃癌分子サブタイプ

TCGA
Nature 2014 202-209.
EBV, MSI, GS, CINの4つに分類

タイプ特徴推奨治療
EBV若年
男性
CpGアイランド高メチル化(CDKN2A発現抑制)
PIK3CA変異
9p増幅(JAK2発現亢進、PD-L1/L2発現亢進)
PI3K阻害剤
JAK2阻害剤
免疫チェックポイント阻害剤
MSI高齢
女性
CpGアイランド高メチル化(MLH1発現抑制)
hypermutation
mitoic pathway活性化
免疫チェックポイント阻害剤
GS若年
びまん型
CDH1、RHOA変異
CLDN18-ARHGAP融合遺伝子
細胞接着因子活性化
推奨治療なし
CIN食道胃接合部癌
TP53変異
RTK-RAS増幅
細胞周期調節因子の遺伝子増幅
RTK阻害剤
抗RTK抗体
細胞周期阻害剤