腫瘍学レ点ノート

2020-07-13

個人で無料利用できるCDN(特にCloudflare)に関するメモ

Top > 日記 > 2020年 > 07月13日 > 個人で無料利用できるCDN(特にCloudflare)に関するメモ

CDNとは

CDNとはContent Delivery Networkの略称で、自分のサイトを公開しているサーバーとは別の高速なサーバーにキャッシュを分散しておいておいてウェブ配信を高速化・効率化する用途などで使われます。

サイトの高速化と効率化

CDNのサーバーは世界中に効率よく配置されておりコンテンツの配信速度を高速化できるほか、画像やスクリプトファイルなどを自分のサーバーが直接配信しなくてもCDNのキャッシュから配信することで不可を分散させることができるなど、大規模な業務用サイトでは必須のテクノロジーの1つです。GoogleなどのIT大手が活用しているほか、akamaiやCloudflareなどCDNで有名な企業もあります。

こんにちは。フロントエンドエンジニアのほりでーです。 CDN(シー・ディー・エヌ)という種類のWebのサービスをご存知でしょうか? インフラの知識がある方にとってはお馴染ですが、デザインやフロントエンド中心の方にはあまり馴染みのないサービスかもしれません。実は、これから紹介するCloudFlare(クラウド・フレア)というCDNサービスを導入すると…… Webサイトにほとんど手を加えることなく大幅に高速化 無料でSSLに対応 DDoS攻撃のような有害なアクセスをブロック
https://liginc.co.jp/362476

サーバーからの最初の1バイトがブラウザに到着するまでの時間(TTFB)はサイトの訪問者を増やすのにも重要で、CDNはこのTTFB短縮にも有効です。

WordPressウェブサイトのTTFBを減らす簡単な方法をご確認しませんか。最速のホスティング、CDNの利用、キャッシング、DNS等の説明をご紹介します。
https://kinsta.com/jp/blog/ttfb/

AMPキャッシュもCDNの一種

サイト高速化に活用している人が少なくないAMPキャッシュもGoogleにキャッシュを預けるという意味でCDNの一種と言えます。AMPではURLがgoogleになってしまうのがデメリットの1つですが、CloudflareなどのCDNを使えばAMP real URLという技術で自分のオリジナルのURLのままでAMPを使うことも可能になります(現在はAndroidのChromeのみが対応)。

AMPページをGoogleドメインではなく、自ドメインで表示することができる「AMP Real URL」をこのブログにも導入しました。「AMP Real URL」に関する日本語のページがあまりなかったので、手順をまとめてみました。ブログに適用したいと思うのは物好きしかいない、かつ、企業で導入するにはまだまだ早いということでしょうか。 まだまだ発展途上の仕組みだとは思いますが、個人のブログなのでなんの気兼ねなく試してみます。
https://www.meganii.com/blog/2019/11/16/amp-real-url-with-cloudflare/

https://qiita.com/polikeiji/items/0944c54fce5af805aeac
https://knowledge.sakura.ad.jp/19191/
Cloudflareのデフォルトのキャッシュ動作
https://support.cloudflare.com/hc/ja/articles/200172516

IPV6対応、HTTP/2対応

SSL証明書がLet's encriptだとどうしても安物のイメージがつきまといますが(安物も何も、そもそも無料です)、CloudflareのCDNを使うとSSL証明書の発行元がCloudflareになるのでLet's encryptよりは少しブランド力が感じられてお得感があります。

またCloudflareでSSL化するとIPV6やHTTP/2にも対応できます。自分の使っているレンタルサーバーがIPV4だったりHTTP/2が使えないApache 2.2でもCDNを使うという手段があります。

さらにはCDNは設定次第でHTTP/2よりさらに進んだHTTP/3なども利用できるようですが、こちらはまだ対応ブラウザが少なかったり必ずしもHTTP/2よりHTTP/3が速いわけではなさそうな状況であることから、もう少し様子見かもしれません。

.jsなどのスクリプトファイル

画像などのコンテンツの配信に活用してもよいのですが、.jsなどのスクリプトファイルをCDNで配信することでキャッシュを共有できるようになるなどの利点もあります。.jsがキャッシュされることで読み込みが高速化され、Pagespeed insightのスコア向上にも役立ちます。.jsに強みのあるCDNといえばjsdelivrhttps://www.jsdelivr.com/)などが有名で、無料で使えるのに速度が有料CDNを上回ることも好評を集めているようです。

プログラミング初心者向けに、GoogleのCDNからjQueryファイルを読み込む方法を解説しています。CDNを利用することでファイルや画像などをインターネット経由で配信することができ、開発現場でも役立つので、ぜひ覚えておきましょう。
https://techacademy.jp/magazine/9468
https://www.agent-grow.com/self20percent/2019/08/26/cdn-jsdeliver/

SEOへの影響

CDNはコンテンツのランキングにダメージを与えたりSEOに有害なのか?という問題はしばしば議論されています。

2018年2月初めのEnglish Google Webmaster Central office-hours hangoutは、Google マウンテンビューで行われ、サンフランシスコ近辺のSEO関連の業務に就く人たちが参加しました。CloudflareでコンテントとSEO部門の責任者、Mathew Williamsさんの質問を紹介します。 CDNはSEOでサイトのランキングに悪影響を与えたり、SEOに有害なのか? 質問: CDN全般...
https://www.blogging-life.com/is-cdn-detrimental-to-search-ranking/

サーバーのIPアドレス変更自体がクロール頻度に悪影響を与える可能性があると言われているようなので、Cloudflareと元サーバーでDNS設定をコロコロ変えたりしないほうが良さそうです。

また、同じIPアドレスを共有しているサイトとの関係はSEOランキングに影響すると言われており、たとえば被リンクが同じcloudflareのCDNを使っているサイトからが大部分を占めている場合やスパムサイトが同じCDNを使っている場合などは、SEOに有害な結果をもたらす可能性がないとは言えません。

一方で、サイトの高速化やHTTPS化(SSL化)とHTTP/2対応などはSEOにとってプラスに作用するため、CDNが一概にランキングにダメージを与えるとかSEOに有害であるとも言えないのが現状です。スピード狂のGoogleにインデックスしてもらうためにはサイトを高速化しておくに越したことはなく、CDNがSEOに有害と決めてしまうのは得策でないように思います。

検索エンジン最適化(SEO)を改善するCloudflareの機能と、CloudflareとSEO に関する一般的な誤解について説明します。 概要 CloudflareとSEOに関する一般的な誤解 SEO順位を上げる 関連リソース 概要 Cloudflareは、Webサイトのコンテンツを訪問者に配信する速度を上げることでSEO順位を上げます。 Google Search Consoleで...
https://support.cloudflare.com/hc/ja/articles/231109348-Cloudflare%E3%82%92%E4%BD%BF%E7%94%A8%E3%81%97%E3%81%A6Google%E3%81%AESEO%E9%A0%86%E4%BD%8D%E3%82%92%E4%B8%8A%E3%81%92%E3%82%8B

個人ウェブサイトで無料で利用できるCDN

業務用の高機能なCDNは利用価格も非常に高価ですが、機能は限定的ながら個人が無料プランで使えるCDNもあります。Cloudflareはその代表的なCDNの1つで、大企業のプロユースから個人のWordPressまでをカバーします。Cloudflareのサーバーがダウンしたときに世界中のインターネットが混乱に陥ったことからも、個人のウェブサイトだけでなく企業の業務用途でもあちこちで使われていることがわかります。

Cloudflareが提供するCDNサービスが、7月2日午後11時50分ごろ(日本時間)から約30分間にわたり全面的にダウン。CloudflareをCDNとして利用している世界中のWebサービスやアプリケーションが使えなくなった。
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1907/03/news068.html

javascriptなどのスクリプトファイルをホスティングすることを得意としたjsdelivrhttps://www.jsdelivr.com/)も無料で使えるCDNです。これらをうまく利用することでよりユーザーフレンドリーなサイトの運営ができそうです。

よくあるアフィ記事のタイトル風 Cloudflare 無料で色んなことできるのに周りで使っている人が少ないから布教してみる。 Cloudflare Cloudflare の日本でのシェア Cloudflare の企業ミッション 無料で使える (無料)証明書の用意なんてしなくても HTTPS が使える (無料)オリジンサーバーの Public IP が隠せる (無料)Page Rule によって痒いとこに手が届く (無料) Access 機能はまじですごい (無料)Rate Limit によるブルートフォースの対策もできちゃう (有料)Global Load Balancer もある ファイアウ…
https://blog.luispc.com/entry/2020/01/19/222005

Pukiwikiベースのこのサイトも試しにCloudflareを利用してみました。設定は非常に簡単で、独自ドメインとレンタルサーバーで運用しているウェブサイトを持っている方であればCloudflareへの移行には30分もかかりません。このサイトのCloudflareの設定は別のページにまとめて記載します。

記事
記事個人ウェブサイトでのCDNに関するメモCDNとはCDNとはContent Delivery Networkの略称で、自分のサイトを公開しているサーバーとは別の高速なサーバーにキャッシュを分散しておいておいてウェブ配信を高速化・効率化する用途などで使われます。サイトの高速化と効率化CDNのサーバーは世界中に効率よく配置されており…

Tag: CDN Cloudflare Web高速化