レ点腫瘍学ノート

2021-05-20

ワクチンをめぐる先進国と低所得国の格差の問題

Top > 日記 > 2021年 > 5月20日 > ワクチンをめぐる先進国と低所得国の格差の問題

5c91b0af2a.jpg

アジアの政治・経済などについて討議する第26回国際交流会議「アジアの未来」でCOVID-19ワクチン確保において先進国と発展途上国の間で不平等な格差が生じているという話題が出たようです。マレーシアのムヒディン首相から、最も豊かな27カ国は人口が世界の10%に過ぎないがワクチンの35%強を握っているという批判があったとのこと。

マレーシア首相「ワクチン、各国へ平等に」 アジアの未来
アジアの政治・経済などについて討議する第26回国際交流会議「アジアの未来」(日本経済新聞社主催)が20日午前、都内で開幕した。マレーシアのムヒディン首相は、新型コロナウイルスの感染拡大の収束に向け「各国の平等なワクチン確保が課題になる」と述べた。シンガポールのヘン・スイキャット副首相兼経済政策担当調整相は「米国と中国が建設的な競争関係を築くことは可能だ」と強調した。ムヒディン氏は深刻なワクチン
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCB200P20Q1A520C2000000/

COVAXなどの仕組みがあるとはいえ、日本ではワクチン遅い遅いって話ばかりで、こうした問題に意識が向かないのもなんだかなあって思う。
 ↓
「最も豊かな27カ国は人口は世界の10%強にすぎないが、ワクチンの35%強を握っている」 https://t.co/PNiORhr2Ae

— くるくる🐰 (@_crr_) May 20, 2021

これ、先進国と発展途上国の間で生存に関する権利の格差が生じていると言うことを如実に示しているため、確かに経済力でこのような格差が生まれるのは好ましくないと言うもっともな話をしているようにも思います。

でもこれ、この格差を完全に是正してしまうともしかすると今回の画期的なmRNAワクチンが誕生していなかったんじゃないかなぁと思うと若干複雑な心境です。なぜ勝算がそれほど高かったわけではないmRNAワクチン開発にこれだけ一気に研究リソースを投入できたのか、誰がそれを強力に推し進めたのかを考えると、格差は全て一概に悪いものとも言えないような。

先進国が開発の困難なワクチンに莫大な研究費を投入したのはなぜか

先進国はワクチンの開発に莫大な研究費を投じたことの背景を考えると、そこには研究費を投じてワクチンの開発に成功すればその恩恵を真っ先に受けられるという強い動機があったはずです。それは、もしワクチンの開発に成功すればリスクを取った人がその恩恵を真っ先に受けられるという強いインセンティブです。

ワクチン特許放棄に関するファイザーCEOの手紙(長文)
企業側からの意見であることを考慮しても知っておきたい内容

「公平・公正な配分は、最初から私たちの重要な指標でした。すべての国がCOVID-19ワクチンを確実に入手できるようにするためには、2つの条件を満たす必要がありました。1/ https://t.co/wlwTLeSQbr

— Dr. Tad (@tak53381102) May 9, 2021

確かに医療格差が拡大しすぎないための配慮が必要です。発展途上国に生まれた命が軽視されるということがあるのは人権の面で大きな問題があります。 でも、開発は困難と思われたワクチンを手に入れるために、リスクをとって研究開発を進めた国や企業が真っ先に実りを得られるようにしないと、ワクチン開発のインセンティブがなく、誰もそのための投資をしようと思いません。

誰が開発してもすべての人に平等にワクチンを配ってしまうような「完全平等」を求める世界になると、皆が「自分ではやらずに誰かがワクチンを開発してくれるのを待つ」と言う姿勢になってしまいます。何しろ自分がリスクを取って投資をしなくても、誰かがその投資を代わりに担ってくれた上にその配当は投資をしていない人にも平等に回ってくるわけですから。

そう考えると、誰かに『俺の金』を開発のためにたくさん投入して貰うためには、「『俺の金』で開発した人は偉い」という風潮がある程度は必要。。。

そもそも今回のCOVID-19ワクチンは比較的医療格差が小さい方とも言えるような

それでも、実はCOVID-19ワクチンはむしろ発展途上国にも比較的安価で「かなり平等に近く」配られてる方だと思います。先進国・富裕国相手の価格設定で利益を確保しつつ、同時進行で低所得国には原価で、最貧国には無償の寄付での投与を行うというCEOのメッセージがありました。

これはかなり画期的なことで、抗腫瘍薬やリウマチ薬などのバイオ製剤など最新の薬剤は多くの場合は低所得国だからといってこんな破格の価格設定にはなっていません。こういう新薬の格差はCOVID-19ワクチンとは比較にならないほどはるかに"えげつない"と思う…

人類と病-国際政治から見る感染症と健康格差 (中公新書 2590) | 詫摩 佳代 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで詫摩 佳代の人類と病-国際政治から見る感染症と健康格差 (中公新書 2590)。アマゾンならポイント還元本が多数。詫摩 佳代作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また人類と病-国際政治から見る感染症と健康格差 (中公新書 2590)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。
https://amzn.to/3fE8R7d