レ点腫瘍学ノート

2021-04-05

がん化学療法中の患者は新型コロナウイルスワクチン問題(その2)

Top > 日記 > 2021年 > 4月5日 > がん化学療法中の患者は新型コロナウイルスワクチン問題(その2)

5b7c8a2cb9.jpg

抗がん剤治療(がん化学療法)を受けている患者は新型コロナウイルスのワクチン接種をどうすればよいのか」という問題について2021年2月に記事を書いておりました。その後に発表された新しい情報も含めたアップデート版をお届けします。

前の記事はこちら

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が猛威を振るっていますが、ようやく開始されたワクチン接種が新型コロナウイルス感染症の流行を抑えるきっかけになるのではないかと期待されています。ところで、がん患者が多数いる外来をしていると「ワクチン接種をどうすればよいのか」という質問を頻繁に受けますので、現時点で出ている情報をもとに整理してみました。

2021年2月の第1報の記事を書いた当時は国内の情報はほとんどなくESMOやNCCNなどの海外からの情報を元にするしかありませんでしたが、その後にたくさんの情報が相次いで発信され始めました。もちろん国内からの情報もあり、一般の臨床現場でもかなり使いやすい情報も充実してきています。

その中で主なものをここでご紹介したいと思います。

国内の情報

国内では新型コロナウイルス感染症に関して、これまでにもご紹介していたとおり日本癌治療学会・日本癌学会・日本臨床腫瘍学会の3学会が合同で「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)とがん診療についてQ&A」というものを発表してきていました。この3学会合同のQ&Aについてついにワクチン編第1版が発表されました。これが国内で現時点で利用できる最も信頼度の高いがん患者と新型コロナウイルスワクチンに関する情報ではないかと思われます。

新型コロナウイルス感染症 関連情報 | お知らせ | 日本臨床腫瘍学会
日本臨床腫瘍学会公式WEBサイトでは、患者・家族、国民、がんの研究者・医療者に対し、がんあるいはがん医療に関する国内外の情報を発信しております。
https://www.jsmo.or.jp/news/coronavirus-information/qa_vaccinel_3gakkai.html

この中では冒頭での最初にQ&Aでがん患者は新型コロナウイルスワクチンに関して主治医との相談が必要とは留保しながらも「前向きに検討しましょう」と提言しています。予防効果というベネフィット(利益)と様々な副反応というリスク(損失)がありますが、がん患者はこれまでにもCOVID-19に罹患した際の重症化率や死亡率が高いことを示唆するデータがたくさん出てきており、一方でワクチンのリスクが特別高まるというデータは今のところ無いことやワクチンのCOVID-19感染予防効果自体が極めて大きいことから、全体としてはやはりワクチン接種をするほうがリスクよりベネフィットが大きいだろうという考え方が主流のようです。

なお、がんに対する薬物治療中の患者では、細胞障害性抗腫瘍薬の治療中の場合は点滴当日や血球減少期を避ける方が無難であるとしているほか、ワクチン接種の副反応としてしばしば発熱が見られることが報告されていることから次サイクルの点滴予定日の2〜3日前も避けた方が治療が円滑に進むのではないかと提案されています。接種後の注意として、ワクチンの副反応としての発熱とFN(発熱性好中球減少症)を混同しないことが重要であるとも言及されています。

分子標的治療薬や免疫チェックポイント阻害薬による治療中の場合は分子標的治療薬などの種類を問わず新型コロナウイルスワクチン接種の障害はほとんど無く、積極的にワクチン接種を受ける方が良いでしょう。

また、この3学会の提言とは異なりますが日本腎臓学会が「腎臓病で免疫抑制療法を受けている患者さんへのCOVID-19ワクチン接種に関する見解について」という提案をしており、こちらではリツキシマブに関してはワクチン接種の時期を検討することが望ましいと考えているようです。

腎臓病で免疫抑制療法を受けている患者さんへのCOVID-19ワクチン接種に関する見解について-医療従事者のみなさまへ-一般社団法人 日本腎臓学会|Japanese Society of Nephrology
https://jsn.or.jp/medic/covid19/notice/covid-19-10.php

具体的にはこちらの文献で言及されているように、リツキシマブの投与からは6ヶ月の間隔を開ける事を進める提案があります。

日本肺癌学会は肺癌限定ではありますが、2021年2月18日に肺癌患者のワクチン接種についての推奨文を発表しています。肺癌限定とはいえ、肺癌診療は手術あり放射線治療あり、薬物療法においても細胞障害薬・分子標的治療薬・免疫チェックポイント阻害薬などほとんどのモダリティの治療を行う領域ですので、他の臓器のがん診療にもおおむね応用できるのではないかと思います。ちなみにこの文書を発表した2月18日というのは日本国内で新型コロナウイルスワクチンの接種が開始された2月17日の翌日にあたります。

海外の情報

海外では比較的早期からNCCNの暫定的エキスパートオピニオンとしての提言が発表されていましたが、3月10日にその提言はver.2.0にアップデートされたようです。

また同じ時期にPerspectiveとしてミニレビューも掲載されています。上記のNCCN提言もこちらのレビューもいずれも一貫として基本的にワクチン接種を推奨するというスタンスであることは変わりません。

COVID-19 vaccine guidance for patients with cancer participating in oncology clinical trials
Patients with cancer have a high risk of morbidity and mortality from COVID-19. The rapid development of COVID-19 vaccines has provided new hope of mitigating the disease. Herein, the COVID19 and Cancer Clinical Trials Working Group calls for prioritization of patients with cancer, importantly including those participating in oncology clinical trials, for COVID-19 vaccination. The authors also provide operational COVID-19 vaccine guidance for patients participating in oncology clinical trials.
https://www.nature.com/articles/s41571-021-00487-z

なお、固形臓器移植後の患者ではワクチン1回接種後の抗体獲得率が低そうであるというデータ*1もあることから、やはり2回接種を行うこと、また特にハイリスク患者においてはワクチン接種後も接触予防策などの基本的な感染対策を継続することが重要であるということは言えそうです。

海外の情報ですが、さらに詳しく勉強したいという方にはASCOががん患者ケアとワクチンに関する2021年3月30日のWebinarを無償公開しています。英語でしかも1時間という長丁場ですが、各国の専門家が現時点で入手できる最新の情報についてのレクチャーをしてくれているようです(ぼくもまだ見ていません)。

ASCO Global Webinar Series: March 30, Available Vaccines and Cancer Care
For more information, visit http://www.asco.org/
https://www.youtube.com/watch?v=9lTC3CTAjsg

まとめ

国内の情報もかなり充実してきた上に海外発の発表もアップデートを重ねてより質の高いものになってきていますが、いずれの推奨でも言えることはほとんどの固形がんでは手術・放射線および薬物療法の方法に関わらず原則としてワクチン接種は行う方がベネフィットがリスクより大きそうであるということですね。

また造血器腫瘍であっても接種を控えるべきとされているのはNCCN提言でも幹細胞移植後や急性白血病治療後の血球立ち上がり前の極めて限られたシチュエーションの患者のみとされていることから、大多数の患者においてはやはり固形がんと同様のワクチン接種をしておくのが無難ではないかという印象を受けます。

あまり考えたくはありませんがこの1週間の報道を見ているとどうやら第4波はワクチン接種が全国民が一巡するのを待ってくれることなく襲ってくるのは間違いなさそうです。

最善に期待しつつ最悪に備える」というわれわれのポリシーに忠実に、できるワクチン接種はきっちり済ませて感染に備えましょう。

Tag: COVID-19

日米で診療にあたる医師ら10人が総力回答! 新型コロナワクチンQ&A100 | コロワくんサポーターズ |本 | 通販 | Amazon
Amazonでコロワくんサポーターズの日米で診療にあたる医師ら10人が総力回答! 新型コロナワクチンQ&A100。アマゾンならポイント還元本が多数。コロワくんサポーターズ作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また日米で診療にあたる医師ら10人が総力回答! 新型コロナワクチンQ&A100もアマゾン配送商品なら通常配送無料。
https://amzn.to/3fvyR6b


*1 JAMA https://twitter.com/ymori117/status/1372196207779409920?s=20